iPhone(スマホ)サイトに「更新履歴」を表示させる方法

Tips_機能の拡張 Tips_プチ裏ワザ Tips_iPhone Tips_その他 購入者特典 購入者専用ページ

iPhone(スマホ)サイトに「更新履歴」を表示させる方法

サンプル画像

シリウスには「更新履歴」を自動で表示させる機能があります。
デフォルトの設定だとページ最下部に表示されるようになってます。

 

キャプチャ画像

 

ですが、なぜか iPhone(スマホ)サイトでは表示されません

 

これはその機能そのものが iPhoneサイトには搭載されてないからなんですが、
場合によっては iPhone(スマホ)サイトでも表示させたいなんていうときもあるでしょう。

 

そのやり方をご説明します。

 

更新履歴はどうやって自動表示されるのか

「更新履歴」の自動表示は、シリウス独自タグ

<% whatsNew | tag_insert(div id="whatsnew") %>

という部分が担っています。

「テンプレート」→「HTMLテンプレート編集」で確認できます。

 

そこでこの独自タグを iPhoneサイトにも書き込んでやれば
「更新履歴」が自動表示されるはずです。

 

独自タグの書き込み

カスタマイズの際の注意点として、元に戻せるようオリジナルファイルのコピーは必ず作ってください。

それでも不安な方はサイトのバックアップを事前に作成しておくと安心です。

動作検証はデフォルトタイプテンプレートの通常モードで行ったものです。

 

「テンプレート」→「iPhoneサイトHTMLテンプレート編集」を開きます。

 

ページの最初に表示させたいなら <div id="main">; の直後に
<% whatsNew | tag_insert(div id="whatsnew") %> をコピーペーストします。

 

こんな↓感じですね。

 

キャプチャ画像

 

その後「保存」→「サイト生成」を経て
iPhoneで見たページのキャプチャ画像がこちらです。

 

履歴自体はページトップに表示されてますが
「更新履歴」という文字が表示されてません。

 

キャプチャ画像

 

実は「更新履歴」というのは文字ではなく画像なんです。
その画像が iPhoneサイト専用フォルダ内に用意されてないため
表示ができないというわけです。

 

そこで「更新履歴」に該当する画像を PCサイトフォルダからコピーペーストしてみましょう。

 

画像のコピー

最初に「テンプレート」→「サイト生成先」をクリックします。
さらに「img」フォルダを開きます。

 

その中に『whats_li.jpg』『whats_top.jpg』という 2つの画像があると思いますが
それが「更新履歴」表示用の画像です。
これらをコピーしておきます。

 

次に、同じく「サイト生成先」内の「iPhone」フォルダを開き
さらに「img」フォルダを開いてそこにペーストします。

 

これで「保存」→「サイト生成」を経て
iPhoneで見たページのキャプチャ画像がこちらです。

 

キャプチャ画像

 

ちゃんと「更新履歴」が表示されました。

 

ページ後部に表示させてみる

場合によってはページ後部に「更新履歴」を表示させたい時もあるでしょう。
そんな時は下の画像の <% freeSpace2 %>前か後ろあたりに
<% whatsNew | tag_insert(div id="whatsnew") %>
書き込んでみましょう。

 

キャプチャ画像

 

「フリースペース2」に何か書き込んである場合は前か後ろかでレイアウトが異なってきますが、何も書き込んでない場合は前でも後ろでもどちらに書き込んでも表示レイアウトは同じです。

 

以上です。

購入ページへ


TOPへ戻る