SIRIUS(シリウス)で特定の人だけが見れるパスワード専用ページを作る方法

Tips_機能の拡張 Tips_プチ裏ワザ Tips_iPhone Tips_その他

新サイトのご紹介

SIRIUSの大型バージョンアップ(ver1.5)によってシステム内部に様々な改良が加えられました。

これにより当サイトでご紹介している独自の機能拡張の一部が【新】SIRIUSテンプレートに標準で搭載されるようにもなってます。

反対に大型バージョンアップによって、これまでご紹介してきたTipsの中にはうまく作動しないものも出てきてます。

よって今後このサイトの更新はストップすることにしました。(サイトはしばらくは残しておきます)

これに伴い、【新】SIRIUSテンプレートに対応した『SIRIUSでホームページ作成』サイトを新規公開しました。

さらに【新】SIRIUSテンプレートをベースにしたカスタムテンプレート【Volar】も公開中です。(※SIRIUS購入の特典になります)

【Volar】はこれまで私がご紹介してきたTipsが最初から組み込まれたカスタムテンプレートであり、当サイトではご紹介してない新機能も追加搭載してます。

※当サイトの更新ストップにより、一部の記事は自動的に新サイトの同記事に自動転送されます。

特定の人だけが見れるパスワード専用ページを作る方法

サンプル画像

 

申し訳ございません。
この記事の全文は当サイトからのシリウス購入者のみ閲覧可能となっております。

ブログやアフィリエイトサイトを運営していると、
特定の人にだけ記事を見せたいというケースが往々にして出てきます。

 

当サイトのご購入者専用ページもパスワード保護されており、
専用のIDとパスワードを入力しないと開けないようになってます。

 

こういったパスワード保護ページを作る方法をご説明します。

 

今回ご紹介するのは汎用的なBASIC認証ページ作成方法の一つです。

ただしご利用のサーバーによってはサーバー独自のBASIC認証コマンドでないとうまくいかない場合もあるようです。

その場合はお手数ですが、サーバーの「アクセス制限」という項目を参考に、サーバー標準のBASIC認証でお試しください。

 

BASIC認証とは

今回ご紹介するのは、
ウェブサイトで一般的に使われている「BASIC認証」という認証方式です。

 

保護ページに入ろうとすると
こんな風に↓ユーザー名とパスワードを求めるダイアログが出てくるアレです。

 

キャプチャ画像

 

導入が比較的簡単なので、
BASIC認証を利用しているウェブサイトはけっこう多いですね。

(SIRIUSのサポートページもBASIC認証がかかってます)

 

反面、BASICというぐらいですのでセキュリティは必要最低限です。

 

あくまで簡易的な認証方式ということだけは覚えておきましょう。

 

作成するファイルは 2個。
「.htaccess」「.htpasswd」

 

どちらも先頭にドット(.)が付く特殊ファイルです。

 

絶対に外に漏れては困るような重要データの保護には利用しないでください。

 

申し訳ございません。
この記事の全文は当サイトからのシリウス購入者のみ閲覧可能となっております。


てっぺん