SIRIUS(シリウス)でOGPを設定してSNSで正確にページ内容を伝えてもらおう

Tips_機能の拡張 Tips_プチ裏ワザ Tips_iPhone Tips_その他 購入者特典 購入者専用ページ

OGPを設定してSNSで正確にページ内容を伝えてもらおう

サンプル画像

 

申し訳ございません。
この記事の全文は当サイトからのシリウス購入者のみ閲覧可能となっております。

OGPとは

OGPというのは「Open Graph Protocol」の略で、
『このウェブサイトはこれこれこんな内容のサイトですよぉ~』という情報を
正しく伝えるための仕様・設定のようなものだと考えておけばいいでしょう。

 

このOGPを設定することで、サイト名称やサイトイメージ画像、サイト内容などが
わかりやすくSNS上に表示されるようになります。

 

OGPはもともとはFacebookで利用するための仕組みだったんですが、今ではTwitterやGoogle+などいろんなSNSでも利用されています。

 

コチラはOGP設定なしのページの表示例です。

元々画像がないページなので文字だけの表示になってしまって
全然目立たってません。

 

キャプチャ画像

 

コチラ↓は画像のあるページの表示例ですが、
表示させたかった画像とは違う画像が表示されて
いまいちわかりにくい表示になってしまいました。

 

テキストの内容も短くちょん切れてます。

 

キャプチャ画像

 

コチラ↓は上のページにOGPを設定した後の表示例です。

 

キャプチャ画像

 

いかがでしょう。

設定した画像がきちんと表示されて、
目立ち度・わかりやすさが全然違いますでしょ。

 

区切り画像

 

コンテンツ記事をアップしたものの、その内容がどんなに良くても
見てもらえないことには何の意味もありません。

 

そのための近道として”目立たせる”ことも重要なポイントです。

 

その先にあるのは投稿の拡散ですね。

 

OGPをあなたのサイトに適切に設定しておけば、
Facebookなら投稿にいいね!をつけてくれた人の友達のニュースフィードにも
投稿記事が表示されます。

 

OGPの設定項目

OGPで設定できる項目はいろいろあるんですが、
シリウスサイトで必要なものは以下の項目だけで充分かと。

 

  1. <meta property="og:title" content="(記事タイトル)" />
  2. <meta property="og:type" content="(サイトタイプ)" />
  3. <meta property="og:description" content="(META説明文)" />
  4. <meta property="og:url" content="(サイトURL)" />
  5. <meta property="og:image" content="(サムネール画像)" />
  6. <meta property="og:site_name" content="(サイト名)" />

 

これらのうち若干面倒なのが『エントリーページのOGP設定』です。

 

”面倒”というのは「タイトル」「ページ説明文」「サイトURL」「サムネール画像」の部分を
自動で取得させる必要があるからです。

 

当然のことながらエントリーページはページごとにその内容が異なってきます。

 

そのためその都度内容を自動取得するオリジナルOGPを書き込んでおく必要があります。

 

申し訳ございません。
この記事の全文は当サイトからのシリウス購入者のみ閲覧可能となっております。

購入ページへ


てっぺん