SIRIUS(シリウス)で404エラーページ(File Not Found)を正常に表示させる方法

Tips_機能の拡張 Tips_プチ裏ワザ Tips_iPhone Tips_その他 購入者特典 購入者専用ページ

404エラーページ(File Not Found)を正常に表示させる方法

サンプル画像

 

申し訳ございません。
この記事の全文は当サイトからのシリウス購入者のみ閲覧可能となっております。

あなたは『404エラーページ』というのを知ってますか?

 

名前を知らなくても”現象”はきっと見たことがあると思います。

 

ページが削除されていたり、URLを間違えて打った時に表示される
「404 File Not Found」という文字列。
「ページが見つかりませんでした」と表示されることもあります。

 

もしもオリジナルの 404エラーページを用意してないサイトでお目当てのページが削除されていたりすると、下のような画面が表示されます。

 

 

例えば Xサーバーのサイトなら、

 

キャプチャ画像

 

ロリポップなら、

 

キャプチャ画像

 

さくらサーバーに至っては、もはや「手抜きか?!」

 

キャプチャ画像

 

このページに出くわす私はつい、
「え~、ないの?」

 

そのあとどうするかといえば、
「戻る」をクリックしたり、一度閉じてまた開き直したり……

 

諦めてページを閉じて別のサイトを見に行ったり。。。。

 

こんなときスムーズにトップページなり別のページなりに戻れたなら
もっと付き合ってあげるのにぃ、と思うこともしばしば、デス。

 

オリジナルの 404エラーページ
こういった訪問者のイライラを軽減させ、サイトからの離脱も防いでくれます。

 

それに最近の Googleは”サイトの品質”も見ていると言われます。
ページが存在しなかった時にそのサイトはどんな情報を提供しているのか、、、とか。

 

これは SEOの世界の話ですので確実なことは言えませんが、
オリジナル 404エラーページの存在は
もしかしたら検索エンジンがいい評価を与えてくれるかもしれません。
(そうだとしてもたぶんちょっとだけでしょう)

 

そんなことを期待しつつ、このサイトでも 404エラーページを設置してみました。

 

本家で言われている404ページ設置方法は完全ではない?!

シリウスで 404ページを設置する方法として
シリウスサポートフォーラムなどで言われている設置方法は以下の通りです。

 

404.html というファイルを作成し、.htaccess設定『ErrorDocument 404 /404.html』と書き込め。

 

かなりはしょった言い方でスミマセン。
しかしこの方法、やってみたら実は完全な方法ではありませんでした。

 

たとえばこのやり方で
ドメイン直下にあるファイル(ドメイン/abc.html)を開こうとして
わざと一文字間違えて表示させたのがこちら↓です。

 

キャプチャ画像

 

シリウスサイト内できちんと 404エラーページが表示されてますね。

 

では今度はカテゴリーを経由したページ(ドメイン/カテゴリー名/abc.html)を
同じように一文字間違えて表示させてみましょう。すると。。。

 

キャプチャ画像

 

表示されることはされるんですが、
どうもスタイルシートが正常に読み込まれてない感じですね。

 

ソースを見ると、、、
思った通り ドメイン名/カテゴリー名/styles.css というありえない CSS を読み込んでいました。
本来なら ドメイン名/styles.css を読み込んでくれるはずなんですが。。。。

 

つまりカテゴリ―が間に入ると 404ページが正常に表示されない
という落とし穴があったというわけです。

 

それでは 404エラーページの完全版の作り方をご紹介します。

 

先ほどのやり方にちょっとだけ手を加えればいいだけなんですが、
始めからあらためて設置方法をご説明しますね。

 

申し訳ございません。
この記事の全文は当サイトからのシリウス購入者のみ閲覧可能となっております。

購入ページへ


TOPへ戻る