途中でカテゴリーを変えてそのまま放っておくとまずいことになっちゃうという話

Tips_機能の拡張 Tips_プチ裏ワザ Tips_iPhone Tips_その他 購入者特典 購入者専用ページ

途中でカテゴリーを変えちゃったあなた、そのまま放っておくとまずいことになっちゃうよ

サンプル画像

 

申し訳ございません。
この記事の全文は当サイトからのシリウス購入者のみ閲覧可能となっております。

 

シリウスでサイトを作っている時、こんな経験ないですか?

 

「なんかカテゴリーが合わなくなってきたな。別のカテゴリー名に変えよう」

「この記事、別のカテゴリーに移動しよう」

 

”カテゴリー”ってけっこう重要ですよね。

 

だけどサイト作り始めの頃って、
ピッタリくるカテゴリー名なんてそんな簡単には思い浮かばないもんでしょ。

 

それに「うまいこといったなぁ」なんて自己満足していても、
記事数が多くなってくるにつれ、
次第にそのカテゴリーが現実にそぐわなくなってきたなんて話もよくあることです。

 

だからといってむやみにカテゴリーをポンポンと変えていいかというと、
よくはないです。

 

カテゴリーを変えるデメリット

なぜか。

 

答えは……「URLが変わってしまう」から。

 

たとえばカテゴリー「話題」というのがあったとします。そのカテゴリー名に「topic」と付けていたとしましょう。

ここで仮に「話題」カテゴリーに属する sample.html というページがあったとします。
この時のページ URLは ドメイン/topic/sample.html となります。

 

しかしカテゴリー「話題」を、途中で「よく読まれる記事」というカテゴリーに、カテゴリー名も「favorite」に新たに変えたとします。

 

すると ドメイン/topic/sample.html は ドメイン/favorite/sample.html に変化します。

 

じゃあURLが変わるとどうなるのか。

 

Google にインデックスされている過去の記事は当然古い URLのままです。
ということは、その検索結果からページに飛ばされても
「見つかりませんでした」になっちゃいますね。

 

これが 1個 2個ぐらいならまだしも何十個も「見つかりません」になってしまったら
さすがの Google さんも「どうしちゃったのこのサイト、全然記事がないじゃな~い」
サイト評価を落としかねません。

 

検索エンジンだけじゃないですね。
人間だって同じです。

 

検索結果をクリックしても「存在しません」ばっかり出てきたんでは
「ダメだ、このサイト。二度と来ないぜ!」となるでしょう。

 

だからカテゴリーはサイト作り始めの頃にきっちりと考えて作るべきである!………というのは建前論であって、実際のところはカテゴリーを変えざるをえない、別のカテゴリーに移動したい、カテゴリーなしにしたいといった欲求は少なからず出てきます。

 

その結果変わってしまった URLを「しょうがない」からそのままにしておくのではなく、
古い URLを自動的に新しい URLに切り替えてあげることができれば
「見つかりませんでした」は防げます。

 

こういった仕組みは通常 301リダイレクトと呼ばれます。
一時的にではなく半永久的に URLを変更するという方法です。

 

これをやっておけば検索エンジンに嫌われることもなく、
404エラーページが表示されることもありません。

 

もう一つの重要性として、古いURLの記事に”価値”が付けられていた場合(Googleのランク付けのようなものだと考えておきましょう)、URLが変わるとその価値がリセットされてゼロからのスタートになります。

これはもったいないですね。

でも 301リダイレクトで飛ばした場合はその価値も引き継いでくれます。
なので人気のあるページだったならなおさらそのまま放置しないようにしましょう。

 

カテゴリーを変えざるをえないケースとは

当サイトも記事が多くなるにつれてやっぱり当初からのカテゴリーでは収まりがつかなくなり、
途中で一度カテゴリーを調整しています。

 

もちろん同時に 301リダイレクトをかけて
「ページが見つかりませんでした」にならないようにはしてますけど。

 

およそ考えられるケースを挙げてみました。

  1. ドメイン直下の特定の記事 sample.html を特定のカテゴリー”ABC”内に移動した
  2. 単純に”ABC”というカテゴリー名を”XYZ”に変更した
  3. カテゴリー”ABC”内にさらにサブカテゴリー”DEF”を増やしそこに全記事を移動した
  4. カテゴリー”ABC”内特定の記事 sample.html をサブカテゴリー”DEF”内に移動した
  5. ドメイン直下の特定の記事 sample.html を特定のサブカテゴリー”ABC/DFF”内に移動した
  6. サブカテゴリー”DEF”内の全記事を親カテゴリー”ABC”内に一括移動した
  7. サブカテゴリー”DEF”内の特定の記事 sample.html を親カテゴリー”ABC”内に移動した
  8. サブカテゴリー”DEF”内の特定の記事 sample.html をドメイン直下に移動した

 

ここからはケースに応じて 301リダイレクトの書き方をご紹介しますよ。

 

1つだけ注意点として「.htaccess」が編集可能なサーバーでないと今回の方法はできません。

といってもある程度聞いたことのあるレンタルサーバーならどこも編集可能ですので心配はいらないと思いますが、念のため。

 

申し訳ございません。
この記事の全文は当サイトからのシリウス購入者のみ閲覧可能となっております。

購入ページへ


TOPへ戻る