SIRIUS(シリウス)の記事タイトルはH3からH2に格上げできる

Tips_機能の拡張 Tips_プチ裏ワザ Tips_iPhone Tips_その他 購入者特典 購入者専用ページ

記事タイトルはH3からH2に格上げできる

サンプル画像

 

申し訳ございません。
この記事の全文は当サイトからのシリウス購入者のみ閲覧可能となっております。

文書などを作成するとき、見出しというものを考えることと思います。

 

見出しがあって内容があって……の繰り返しですね。

この見出し、ウェブサイトでも設定ができます。

 

シリウスの編集画面のアイコンにもある「H3」「H4」「H5」「H6」というのがそれです。

 

数字が大きくなるほど見出しの重要度は下がっていきます。

 

初めてシリウスを触った方の中にはここで「?」となった方もいるんじゃないでしょうか。

 

「H1」と「H2」はないの?って。

 

もちろんありますよ。
でもそれは半分はあなたが、半分はシステムが決めています。

 

コチラ↓はおなじみの
エントリーページタイトル上で右クリック→「詳細設定」画面です。

 

ここにH1テキスト入力項目があります。
(”ヘッダーテキスト”には本来なら <% pageTitle %> しか表示されません。便宜上 <% pageTitle %>(ヘッダーテキスト) と入れてます)

 

そして”ヘッダーテキスト”に入力されたテキストが実はH2に該当します。

 

キャプチャ画像

 

こちらが上の設定を反映したブラウザ表示。

 

キャプチャ画像

 

そしてこちらがソースを開いた状態のキャプチャ画像です。

 

H1H2が”所定の位置に”きちんと表示されてます。

 

そして H3の部分に書かれているのが『記事タイトル』です。

(正確には記事1の記事タイトルです)

 

キャプチャ画像

 

こんな感じでヘッダー画像上にテキストでサイトタイトルを表示させてるようなサイトはまだいいとして、ここをサイトタイトル入りのヘッダー画像にしてるような場合は、テキストがかえって邪魔になります。

 

こんな感じですね。

 

キャプチャ画像

 

こういったヘッダー画像そのものにサイトタイトルを付ける場合は
テキストを非表示にした方が見やすくなります。

 

「サイトオプション」→「サイトデザイン」→「文字サイズ・文字の位置」
非常時にしちゃいます。
HTMLから削除・推奨を選択するケースです)

 

キャプチャ画像

 

はい、テキストが消えました。

 

キャプチャ画像

 

するとソース上でちょっとした変化が起きます。

 

キャプチャ画像

 

『ヘッダーテキスト』がなくなったのは当然ですが、よ~く見るとそれに伴って
『ヘッダーテキスト』を囲っていたH2元々H3でくくられていた記事タイトルH2で格上げして囲っちゃってますでしょ。

(”チャイルドページ2・記事1”というテキスト部分です)

 

一つ前のソース画面と見比べてみてください。

 

しかし格上げしているのは記事1のみのタイトルであって、
その下の記事2のタイトルは依然H3のままです。

 

いろいろ不思議なことばっかりですねぇ。

 

はい、そこで記事2以降のタイトルがH3のままでいるのも具合が悪いでしょうから、
それらも全部H2になるようちょっとだけカスタマイズしてあげましょ。

 

申し訳ございません。
この記事の全文は当サイトからのシリウス購入者のみ閲覧可能となっております。

購入ページへ


てっぺん