SIRIUS(シリウス)の通常は最下段に置かれる「更新情報」をページ最上部に移動する

Tips_機能の拡張 Tips_プチ裏ワザ Tips_iPhone Tips_その他

新サイトのご紹介

SIRIUSの大型バージョンアップ(ver1.5)によってシステム内部に様々な改良が加えられました。

これにより当サイトでご紹介している独自の機能拡張の一部が【新】SIRIUSテンプレートに標準で搭載されるようにもなってます。

反対に大型バージョンアップによって、これまでご紹介してきたTipsの中にはうまく作動しないものも出てきてます。

よって今後このサイトの更新はストップすることにしました。(サイトはしばらくは残しておきます)

これに伴い、【新】SIRIUSテンプレートに対応した『SIRIUSでホームページ作成』サイトを新規公開しました。

さらに【新】SIRIUSテンプレートをベースにしたカスタムテンプレート【Volar】も公開中です。(※SIRIUS購入の特典になります)

【Volar】はこれまで私がご紹介してきたTipsが最初から組み込まれたカスタムテンプレートであり、当サイトではご紹介してない新機能も追加搭載してます。

※当サイトの更新ストップにより、一部の記事は自動的に新サイトの同記事に自動転送されます。

通常は最下段に置かれる「更新情報」をページ最上部に移動する

サンプル画像

 

シリウスでサイトを作ると、
記事を更新するごとにトップページに『更新履歴』が自動的に表示されます。

 

しかしデフォルトの状態だと
こちら↓のように最下段に表示されるようになっています。

 

これだとトップページのボリュームが長い場合、
訪問者の目に留まることはほとんどないでしょう。

 

キャプチャ画像

 

更新したことが一目でわかりアクセスアップにも貢献するせっかくの更新情報も
これでは何の役にも立ちません。

 

そこでこの『更新情報』をトップページ最上部へ移動させ、
訪問者へ「活きてる」サイトであることをアピールして
アクセスアップにつなげてみましょう。

 

日付を出すと記事の”鮮度”がバレてしまうので更新情報そのものを非表示にしたいというケースももちろんあるでしょう。

その場合には「サイトオプション」→「全体設定」→「サイトの表示に関する設定」タブをクリック→「更新履歴の件数」を「0」に設定します。

移動のやり方

カスタマイズの際の注意点として、元に戻せるようオリジナルファイルのコピーは必ず作ってください。

それでも不安な方はサイトのバックアップを事前に作成しておくと安心です。

最初に『更新履歴』を表示させている本体を探し出します。 これは「テンプレート」→「HTML テンプレート編集」→「トップページ」タブの中に 独自タグとして存在します。 キャプチャ画像 上の画像の<% whatsNew | tag_insert(div id="whatsnew") %>を切り取り、下の画像の位置にペーストします。 キャプチャ画像 これでテンプレートを保存後、 サイトの保存→サイト生成→アップロードでサイトを更新すると こちら↓のように最上段に表示されます。 キャプチャ画像 以上です。

てっぺん