SIRIUS(シリウス)のサイトオプション(全体設定)

Tips_機能の拡張 Tips_プチ裏ワザ Tips_iPhone Tips_その他 購入者特典 購入者専用ページ

サイトオプション(全体設定)

サンプル画像

 

SIRIUS(シリウス)には、市販のHTML作成ツールに負けない細かいサイト設定が可能な
「サイトオプション機能」が搭載されています。

 

RSS配信機能サイトマップ自動作成パンくずリストサイト内検索など、
これらをすべて手動でやろうと思ったらメチャメチャ時間がかかります。

 

しかしSIRIUS(シリウス)なら、該当するものを入力するだけで一発終了。

 

これがものすごく便利!

 

ここでは「全体設定」について説明していきます。

 

キャプチャ画像

 

①ファイルの拡張子

「ファイルの拡張子」は、このままにしておきましょう。

②文字コード

「文字コード」もこのままで問題ないですが 『utf-8』という選択肢もあります。
(よくわからない人はこのままにしておきましょう)

③URLをリンクに変換

記事内のURLをリンクタグに置換えするかどうかの設定です。
これもデフォルトのまま「しない」で問題ないです。
リンク集専門のサイトを作る際などには「する」を選択します。

④RSS/サイトマップの生成

RSSは更新記事自動配信、サイトマップはGoogleへのサイトマップ送信ですので、
通常はデフォルトのまま「両方とも生成する」にしておけばいいでしょう。

⑤サイトマップページの生成

対人間用のサイトマップです。
SEO的にも通常は「生成する」で問題ないですが、2~3ページのような極小規模サイトの場合は「生成しない」でも問題ありません。

⑥サイトURLのWWW統一

SEO的な問題ですがここを深く解説するとややこしくなるので
ここはあまり深く考えずにデフォルトの「統一しない」のままにしておきましょう。

⑦サイト内検索

キーワードを打ち込んでサイト内の記事を検索する機能です。
デフォルトは「使用しない」ですが、ユーザービリティ(訪問者にとっての使いやすさ)を考慮して「使用する」にしておきましょう。
ただしコンテンツが少ない極小規模サイトなどでは不要です。

⑧アクセス解析の位置

サイト全体の設定の⑧アクセス解析タグ」に入力した専用タグはデフォルトではフッターの位置に記述されます。これをGoogle推奨の<head>~</head>内にするかどうかの選択肢です。
これに関してはどちらがいいという明確な答えはありません。
ちなみに私はフッターのままにしてます。

 

キャプチャ画像

 

①サイドメニューの表示

メインメニュー(サイドメニュー)をどの階層まで表示させるかの設定です。
『第 1階層のみ表示』だと「カテゴリーページ」のみの表示になります。
好みによって第 3階層まで表示させることができます。
ただし記事数が多いと縦に長く伸びすぎて見づらくなる場合もあるので使い方には注意が必要です。

②パンくずリストの表示

グローバルメニューの真下に位置する、小さな文字でファイルの階層をテキストで順番に表示している部分を一般的に「パンくずリスト」と言います。
SEO的にも通常はデフォルトの「表示する」にしておきましょう。

③パンくずリスト/トップの表示

パンくずリストの一番最初のテキストリンクは必ず『トップページ』になります。
そのテキストをデフォルトの「トップページ」から「ホーム」とか「TOPPAGE」などの好きなテキストに変えることができます。

④エントリーリストの表示

SIRIUS(シリウス)には一見すると「?」というような表現部分がたまにあります。
この「エントリーリスト」もその一つで、実態は一般的に「関連記事」と呼ばれているモノになります。それを表示するかどうかの設定です。
SEO的には「(自動で)表示する」を選択しておいた方がいいのですが、オリジナルの関連記事リンクを自分で作ってより精度の高い”関連記事”を表示させているつわものもいます。

⑤エントリーリストの見出し

「関連記事」の見出しをどう表示させるかの設定です。
デフォルトでは『関連ページ』と表示されますがここで「よく読まれてる記事」と変更することも可能です。

⑥エントリーリストの説明

関連記事のタイトルだけでなくページの抜粋も表示させるかどうかの設定です。お好みで。。。

⑦メニュー上のエントリー数の表示

メニュー上で関連記事がいくつあるかの”数値”を表示させるかどうかの設定です。

⑧最新記事の見出しと件数

サイドメニュー上の『最新記事』という見出しのテキストを変えたい場合はここで変更します。
たとえば「Latest Entry」などの横文字にすることもできます。
その記事を何件表示するかの件数もここで変更します。デフォルトは「5」件です。
一切表示させたくない場合は「0」にします。

⑨更新履歴の件数(ほか)

記事を『更新』するとその履歴が新しい順に表示されます。デフォルトは「5」件です。
一切表示させたくない場合は「0」にします。
『日付フォーマット』ですが、変更方法を知らない方はそのままにしておきましょう。
『更新履歴のテキスト』は、記事タイトルの後に自動でつくテキストです。このままで問題ないでしょう。

 

キャプチャ画像

 

①カテゴリーページのフォルダ名

カテゴリーページを新規で作る際、デフォルトでは「category.html」となります。

URLにも影響するところですので、その都度ページの「詳細設定」で変えていきましょう。

②エントリーページのファイル名

エントリーページを新規で作る際、デフォルトでは「entry.html」となります。

URL にも影響するところですので、その都度ページの「詳細設定」で変えていきましょう。

③各ファイルの生成フォルダ

いまいちよくわかりません。個人的にはデフォルトのままにしてあります。

 

購入ページへ


てっぺん