SIRIUS(シリウス)のモジュール機能

Tips_機能の拡張 Tips_プチ裏ワザ Tips_iPhone Tips_その他

新サイトのご紹介

SIRIUSの大型バージョンアップ(ver1.5)によってシステム内部に様々な改良が加えられました。

これにより当サイトでご紹介している独自の機能拡張の一部が【新】SIRIUSテンプレートに標準で搭載されるようにもなってます。

反対に大型バージョンアップによって、これまでご紹介してきたTipsの中にはうまく作動しないものも出てきてます。

よって今後このサイトの更新はストップすることにしました。(サイトはしばらくは残しておきます)

これに伴い、【新】SIRIUSテンプレートに対応した『SIRIUSでホームページ作成』サイトを新規公開しました。

さらに【新】SIRIUSテンプレートをベースにしたカスタムテンプレート【Volar】も公開中です。(※SIRIUS購入の特典になります)

【Volar】はこれまで私がご紹介してきたTipsが最初から組み込まれたカスタムテンプレートであり、当サイトではご紹介してない新機能も追加搭載してます。

※当サイトの更新ストップにより、一部の記事は自動的に新サイトの同記事に自動転送されます。

モジュール機能

サンプル画像

 

SIRIUS(シリウス)には、複数ページで同じ文章を使いまわすための
「モジュール機能」が搭載されています。

 

例えば下記のような文章を複数のページに全く同じ文面で表示させたいとき、
あなたならどうしますか?

 

『カスタマイズする際は、必ずオリジナルのバックアップをとっておきましょう』

 

最初に考え付くのは、、、コピーペーストでしょうね。

 

でもページごとにいちいちコピーペーストしていたのでは手間がかかります。

 

後になって一文字だけ修正する必要が出てきた場合でも
記載ページすべてを修正しなくちゃならないので非現実的でもあります。

 

ページ数が多かったらもう途中で放棄しちゃうんじゃないでしょうか。

 

なによりミスが生じやすいです。

 

こんな時こそ「モジュール機能」が大いに役立つんです。

 

作成方法

使い回したいテキストやHTMLタグ、画像コードなどをモジュール化します。

 

今回は”注意書き”というモジュール名で登録したとします。

 

キャプチャ画像

 

サイトへの実装方法

ページ上の、文章を表示させたい位置で右クリックします。

 

「モジュールの挿入」→「注意書き」を選択します。

 

すると自動で<% module(注意書き) %> と打ち込まれます。

 

これでブラウザ上ではきちんと元の文章で表示されるんです。

便利でしょ?

 

しかも修正が生じたときでもモジュールそのものを修正すれば
一括で全ページに反映されますのでミスもなく、時間もかからず、
効率的なサイト運営が可能になります。

 

またモジュール機能は複数設定可能なので、
必要ならいくつでも作れちゃいます。

 

CSV形式での保存(バックアップ)もできるので、
別のサイトで使いたい時にも瞬時に使い回すことができます。

 

この機能は必ず覚えておきましょう。
ホントに便利ですから。

 

当サイトでもモジュールをいくつも使ってますよ。

 


てっぺん