SIRIUS(シリウス)のバックアップ&復元

Tips_機能の拡張 Tips_プチ裏ワザ Tips_iPhone Tips_その他 購入者特典 購入者専用ページ

バックアップ&復元

サンプル画像

 

SIRIUS(シリウス)には、
万が一、サイトが何らかの原因で消失したり表示がおかしくなった時のための
「バックアップ&復元機能」が搭載されています。

 

バックアップはとても重要です。
定期的にバックアップを取るクセをつけておきましょう。

 

私は以前バックアップを取っておかなかったために、
せっせと更新していたアフィリエイトサイトを一つ失ったことがあります。

 

といってもサーバー上のデータの話ではなく、
ローカルPC(手元のパソコンという意味)上の話です。

 

当時使っていたデスクトップPC の
ハードディスクの突然のクラッシュが原因でした。

 

復元すべきデータがないということは、今までと同じ制作環境を
一から再構築しなければならないということです。

 

しかし何日もかかって工夫を凝らして作り上げたサイトを
完全に再構築するのはしょせん無理な話です。

 

モチベーションもだだ下がりですし。

 

結果、やむなくそのサイトは捨てざるを得なかったという苦い記憶があります。

 

このようなことにならないためにも
SIRIUS(シリウス)ひいてはパソコンのバックアップはこまめにとるようにした方がいいですよ。

 

バックアップを取る際は、可能ならばシリウスがインストールされているドライブとは別のドライブ、もしくはクラウドストレージ(オンライン上の記憶領域)に保存するとより安心です。

 

サイトのバックアップ

SIRIUS(シリウス)のバックアップはとても簡単で、
2種類のバックアップ方法があります。

 

どちらも SIRIUS(シリウス)を立ち上げた最初の画面で操作します。

 

サイト全体を一括してバックアップする方法

下の画像で示しているように、
「ファイル」→「全サイトのバックアップ/復元」→「全サイトバックアップ」を選択します。

 

キャプチャ画像

 

開いているサイトがある場合は、一度シリウスを終了してから再度シリウスを立ち上げてみて下さい。

 

すると拡張子が.sabというファイルを保存するダイアログが出るので、
わかりやすいファイル名にリネームするなりして適当な場所に保存します。

 

この時、SIRIUS(シリウス)がインストールしてあるHDD(ハードディスク)とは別のHDDに保存しましょう。

こうしておけば、インストールHDDがクラッシュしたとしても別HDDに保存したバックアップファイルには何の影響も及びませんので安心です。

クラウドストレージでもいいですね。

 

個別サイトごとにバックアップする方法

最初に、バックアップしたいサイト名をクリックして選択状態にします。

 

その状態で「バックアップ」をクリックします。
あとは「サイトのバックアップ」と同じです。

 

キャプチャ画像

 

サイトの復元

何らかの理由でサイトをバックアップしておいた状態に戻したいときは
「復元」を実行します。

 

復元はバックアップと全く逆の順番になります。
最後にクリックするボタンが「サイト復元」に変わってるぐらいです。

 

たとえばPCやHDDを交換してSIRIUS(シリウス)を再インストールしたときなどは、
「全サイト復元」を使えば瞬時に以前の環境に戻すことができます。

 

購入ページへ


てっぺん