ホームページ作成ツールSIRIUS(シリウス)の賢い使い方

Tips_機能の拡張 Tips_プチ裏ワザ Tips_iPhone Tips_その他 購入者特典 購入者専用ページ

お知らせ(2018.6.16)

SIRIUSの大型バージョンアップ(ver1.5)によって、システム内部に様々な改良が加えられました。

 

それによって当サイトでご紹介している独自の機能拡張の一部がSIRIUSに標準で搭載されるようにもなってます。

 

反対に大型バージョンアップによって、これまでご紹介してきたTipsの中にはうまく作動しないものもあったりします。

 

よって今後このサイトの更新はストップすることにしました。

(サイトは残しておきます)

 

これに伴い、現在新たに新バージョン用のSIRIUS用サイトを準備中です。

 

なお新バージョンのテンプレートを基に、
これまで私がご紹介してきたTipsをさらにブラッシュアップして組み込んだ
カスタムテンプレート【Volar】も新たに開発中です。

 

こちらも完成次第、当サイトからのSIRIUSご購入者には特典として無償でお渡しいたします。

 

また既にご購入された方にも無償で配布させていただく予定です。

 

現状、テンプレートの原型は出来上がってます。

しかしながら各テンプレートごとの調整作業に難航しております。
いましばらくお待ちください。

 

シリウス・レビューページ

 

こんにちは、きゅいじんと言います。

あなたはホームページ(アフィリエイトサイト)を作るとき
どんなツールを使ってますか?

いま使っているツールに満足していますか?

 

特に 1商品を集中的に紹介したり、
絞りこんだ1ジャンルの商品などをまとめて紹介する
特化型ホームページ(アフィリエイトサイト)を
短時間で作ろうと思っているなら、、、

SIRIUS は最適のツールとなるでしょう。

 

このサイトもSIRIUSで作ってます。ただし独自のカスタマイズを随所に加えています。

ご購入前でもご不明な点があれば、遠慮なくお問合せください。
原則 24時間以内にご回答申し上げます。

 

購入ページへ

シリウス購入前の疑問にお答えします

シリウスについて当サイトに寄せられたご質問の中から多かったものを
いくつかご紹介します。

 

ご購入の際の参考にどうぞ。

 

質問アフィリエイトのホームページを作りたいんだけど、SIRIUS(シリウス)って操作は簡単なの?
回答

ハイ。基本的には文章を打ち込み、装飾用のボタンアイコンをクリックするだけの簡単仕様です。

例えば特定の単語だけ太字にしたいとか特定の文章をリスト形式で表示したいなんていうのも、範囲指定→アイコンクリックの2ステップで完了します。

質問ホームページを作るにはHTMLやCSSっていう専門用語を知ってないとダメだって聞いたんだけど?
回答

直感的に操作できるようなシステムなのでそういった知識がなくても全く問題ありません。

また知識のある方はカスタマイズすることもできるので、だれにでも使えるハイブリッドなツールと言えます。

質問ランキング形式で見せたいんだけど面倒なんでしょう?
回答

専用のフォーマットや専用のアイコンなども標準装備なのでわずかなステップで簡単にランキング表が作れます。

質問画像は自分で用意しなきゃいけないんでしょ?
回答

完全オリジナルの画像はご自身で用意していただく必要はありますが、それをサイト内に設置するのはアイコンクリックで数ステップで完了します。

また「購入はこちら」といったようなアフィリエイトサイトでよく使われるボタン画像やヘッダー画像、ロゴ画像などは、ツールに付属の画像編集機能を使えばプロが作ったようなデザインのものが数ステップで作れちゃうのでご安心ください。

質問サイトデザインがちゃっちいのはごめんだわ。
回答

数多くのテンプレートが用意されてるのでサイトイメージに合った色合い・デザインのものを簡単に選ぶことができます。

不定期発売となりますが、追加のテンプレートを購入することでサイトの差別化も図れます。

質問簡単そうなのはわかったけど、それでもやっぱりわからないことは出てくると思うのよね。
回答

専用のサポートフォーラムがあるのでそちらをご覧になることで解決することもあれば、直接ご質問して回答をもらうこともできます。

初心者レベルのものから専門的なことまでフォーラムは毎日賑わってますよ

質問ツールのアップデートはどうなの?
回答

マイナーアップデートからメジャーアップデートまで随時行われているのでご安心ください。

質問サイトを量産する予定ですが、サイト管理はどうなってるんでしょう?
回答

シリウスのサイト管理はとても見やすく設計されています。

見た目は Windowsのフォルダ(ディレクトリ)階層のような感じですね。

グループやカテゴリー別に分けることができるため目当てのサイトが探しやすく、検索ボックスもあるのでサイトを見失うということはないでしょう。

こんな↓感じです。

サイト管理画像

質問アフィリエイト以外のホームページ作成でも利用できますか?
回答

もちろん問題ありません。

アフィリエイトサイトを作る上で便利な機能が揃っているというだけで、趣味のページや販売サイトなども作れます。

質問ブログでアフィリエイトをやりたいのですがシリウスは適してますか?
回答

シリウスというのはちょっと変わったサイト作成ツールで、ホームページ型の HTMLウェブサイトも作れるしブログ型のサイトも作れます。

設定画面のラジオボタンを選択するだけで瞬時に切り替えることができます。

ただしコメント機能がないなど本来のブログ機能をすべて搭載しているわけではありません。あくまで”ブログ風”という感じです。

シリウスを利用している方はホームページ型の HTMLサイトでの運用が圧倒的に多いと思われます。

そのためもしもブログを中心にアフィリエイトサイトを運営したいというのであれば、むしろブログ構築の得意なワードプレスをおススメします。

ワードプレスならブログ用の機能がそれこそてんこ盛りですから。

質問シリウスはレスポンシブウェブデザインですか?
回答

レスポンシブウェブデザインというのは、PC やスマホなどの画面サイズに合わせてレイアウトが柔軟に変化する仕組みのことです。

たとえばフルハイビジョンのモニターだったら 3カラムでサイトを表示させ、画面サイズの小さいノート PC なら 3カラムの一つを下段に移動して 2カラムでのレイアウト表示に自動的に切り替え、スマートフォンのような小さい画面なら 1カラムでの表示に切り替えるといったような仕組みですね。

さて本題ですが、シリウスはレスポンシブウェブデザインかと言われれば「No」という答えになります。

シリウスの場合は PC 用iPhone(スマホ)携帯電話用とそれぞれ 3つのレイアウトデザインを保持しています。

それぞれのデザインは固定幅なのでレスポンシブウェブデザインではないということです。

それってデメリットじゃないの?と心配される方がいらっしゃるかもしれませんがそれは違います。

確かにレスポンシブウェブデザインは柔軟な構造ですが、余計な HTMLタグが増えたり CSSが複雑になりがちというマイナス面もあります。

またアフィリエイトサイトの場合、広告が重要な武器になってきます。
シリウスなら PC用・iPhone用とそれぞれの画面幅にあったレイアウトデザインの広告を用意することで、確実に訪問者の目に留まる広告戦略が可能になります。

そしてシリウスの最大のメリットは PCだろうがスマホだろうがどの環境で見ても URL が同一であるということです。

どの機器で見ても URL が変わらないということは検索エンジン側に好印象を与えます。
つまりは検索結果で上位表示される可能性も高くなるということにもつながります。

質問SCKというのがあります。そっちに入った方がいいですか?
回答

SCKというのは、シリウスを作った「ACESWEB」という会社が提供している月額課金制のアフィリエイト支援ツールサービスのことです。
月額料金は 6,000円と決して安くはありません。

このSCKに入会すると、さまざまなアフィリエイト支援ツールのほかに
シリウスの上位版も使えるという特典があります。

一方、シリウス上位版の単体料金は24,800円です。
これは SCKを約4ヵ月利用したのとほぼ同じ金額です。

しかしながら SCKを退会するとシリウス上位版はその時点で使えなくなってしまうというデメリットがあります。
それまでの作ったサイトの更新ができなくなってしまいます。

こういったことから、これからアフィリエイトを始めようという方は、まずはシリウス単体を購入するのがベストと言えるでしょう。

SCK に入会するのはある程度アフィリエイトサイトが軌道にも乗ってそれなりの収入も確保でき、今後もっとアフィリエイトのレベルをアップしたいという時に考えても遅くはないですよ。

質問シリウスとワードプレス、どっちが優れてますか?
回答

そもそもこれは同列で比較できるものではないんですね。
ではどういった使い方がベストなのか、その辺を少しご説明します。

シリウスの特徴としては『インストールから記事作成、アップロードまでの手順がめっちゃ簡単』ということです。
サイト作成のスピードがホントに速いです。

またこれはとても重要なことなんですが、サイトデータは個人の PC に保存されるため、万が一サーバー側でデータが消失したとしても即座に復旧が可能です。
バックアップもリストア(復旧)も速攻で完了させることができます。

サーバーを変更する場合でも、FTP情報を変えるだけで簡単に引っ越しが完了しちゃいます。

複数のサイトの管理もとても簡単です。
見やすい管理画面上でサイトの複製から更新まで余計な手間は一切かかりません。

こういったことから機動力という点ではシリウスに勝るものはないでしょう。

ただし 200とか 300とかの大量の記事を管理するのはちょっと不得意です。
そのためどちらかといえば小・中規模クラスのサイト作りに特化したサイト作成ツールと言えます。

また基本的には PC で作業してサーバーにデータをアップロードする必要があるので PC がないと作業の更新ができないというデメリットもあります。

一方、ワードプレスサーバーにインストールするタイプで、プラグインなどのインストールも含めると最初の作業にどうしても時間がかかってしまいます。

しかもデータは MySQL というデータベースに保存させるため、バックアップ&リストア等の管理がシリウスに比べるとかなり敷居が高いです。

サーバーを変えようとしたら気が狂いそうになるほど大変な作業になるでしょう。
(私もさくらサーバーからXサーバーへ引っ越ししたことがありますがそれはもう大変でした)

複数サイトの管理もとても大変です。
一つ一つ個別に管理する必要があるのでサイトを量産するのは不得意です。

ただしインストールから最初の設定まで完了してしまえば、記事の更新はとても簡単です。極端な話、ネットさえつながっていれば iPhone や iPad などでも記事が更新できます。

大量の記事があっても記事の管理自体はそれほど大変ではないため、中・大規模サイト作成に向いているツールと言えます。

そしてワードプレス最大のメリットが”テーマ”という概念です。

テーマとは着せ替え人形のようなもので、テーマを入れ替えるだけで瞬時にそれまでとは全く別のデザインでサイトを表示させることができます。

シリウスにもテンプレートの入れ替えという機能はありますが、ベースは一緒ですのでどうしても似たような感じになってしまいます。

これまでの内容をまとめるなら、

『小・中規模クラスのホームページを短時間に量産するならシリウス。がっつりと作りこんで 200、300記事といった本格的・長期的な専門サイトを作るならワードプレス』といったところでしょうか。

私の場合はシリウスとワードプレスをサイトの性質によって使い分けています。
こうすることで作業効率を劇的に高めることができますよ。

HTML……ホームページを表示させるための特殊なテキスト。見出しや段落などの働きをテキストに付加することができます。

ホームページ上で右クリックし『ソースを表示……』といった箇所をクリックすると、そのページの HTMLを見ることができます。

この HTMLを自分で記述したらと思うとゾッとするでしょう、それをシリウスは”ほぼ全部”を自動で書いてくれます。

CSS……HTMLはあくまで見出しや段落といった文章の構造のみを書き記したテキストになります。

そこに『フォントサイズは?』『見出しの色は?』『背景は色は?』といったレイアウトデザイン上の装飾を施していく役割をになっているのが CSS というものです。

HTML と CSS は切ってもきれない関係なのです。

 

購入ページへ

特典記事一覧

お役立ちTips(シリウス機能の拡張)

今見ている記事タイトルをサイドメニューで強調表示させる

サムネール画像

たとえばいま自分がどのコンテンツ記事を読んでいたのか、どこまで読んでいたのかがわかると、次に読みたい記事が探しやすくなります。
そんなときサイドメニューで今読んでる記事タイトルが強調表示されていたなら便利じゃないですか。

スクロールするサイドメニューを途中で固定する

サムネール画像

一般的にサイドメニューってスクロールすると途中で見えなくなりますよね。そこに置いてあった広告は当然視界から外れてしまいます。
そこでスクロール後あいたスペースに広告などを固定表示させて収益増につなげちゃいましょう。

FacebookのOGPを設定して投稿をどんどん広めてもらおう

サムネール画像

自然検索だけでなくFacebookからのアクセスも取り込みたいと思ったらサイトへのOGP設定は不可欠です。
しかしシリウスの場合トップページ以外ではOGP値を自動取得させる工夫が必要です。

カウントダウンタイマーの一歩進んだ見せ方

サムネール画像

販売終了まであと○時間○分○秒といったカウントダウン(減算)タイマーを見たことないですか?シリウスではそれが簡単に作れますが見栄えが少しシンプルです。
そこでもちっと目立つ(スマホ対応)タイマーの作り方をご紹介します。

テンプレートの横幅を変える際の注意点と対策

サムネール画像

シリウスのテンプレートは(デフォルトタイプに限りますが)横幅を広げることができます。ただしメインメニュー(サイドメニュー)は固定のままです。
そこでメインメニューの変更方法と注意点をご紹介します。

『フリースペース』を”無限に”増やす方法

サムネール画像

シリウスのフリースペースはとても便利な情報表示欄ですがデフォルトの設定では設置できる数に限りがあります。
しかしちょっと工夫すればフリースペースは無限に作ることができます。

途中でカテゴリーを変えちゃってそのまま放っておくとまずいことになっちゃうよ

サムネール画像

シリウスだけじゃないですが、途中でカテゴリーを変えた場合はURLが変わってしまいます。これをそのまま放置しておくと検索エンジンからの評価が下がる恐れがあります。
301リダイレクトできちんと新URLに飛ばしてあげましょう。

404エラーページ(File Not Found)を正常に表示させる方法

サムネール画像

ページが削除されてると404エラーページが表示されます。このページ、シリウスでも作れますしあった方が何かと訪問者に優しいサイトを印象づけられます。
しかしちまたに出回っている作り方は実は完全なものではなかったんです。

リンクにマウスオーバーした際にプチ情報を表示させてみる

サムネール画像

リンクにマウスを乗せたときに、同じページで開くのかそれとも別のタブ(ウインドウ)で開くのかといった情報が表示されるだけでも訪問者に優しいページになります。
そんな”ツールチップ”の実装方法をご紹介します。

ヘッダー画像にトップへ戻るリンクを貼る方法の意外な落とし穴

サムネール画像

シリウスで作るサイトに「ヘッダー画像をクリックするとトップへ戻る」機能を付けようとしたとき、ほとんどのサイトで同じようなやり方が載ってますが実は完全な方法とは言えません。
ある重要な機能が使えなくなっちゃうんです。

サイトに「TOPへ戻る」ボタンを実装する

サムネール画像

ページを最後まで見てまた先頭に戻るときマウスを延々とスクロールしないと戻れないようでは訪問者のストレスがたまっていくばかりです。トップへ戻るボタンぐらいつけてあげましょう。
それもスルスルっと戻っていく小気味いいのを。

お役立ちTips(プチ裏ワザ)

右クリック禁止&範囲指定不可ページを作る方法

サムネール画像

簡単にコピペされないための右クリック禁止&範囲指定不可ページを作る方法をご紹介します。

1ヵ所に複数の広告をランダムに表示させる方法

サムネール画像

ASP経由で取得した広告は基本的には1ヵ所に1広告しか表示できません。
これを複数の広告をランダムで表示させる方法をご紹介します。

音声ファイルを画面を変えずにページ内で表示&再生させる方法

サムネール画像

音声ファイルをクリックするとまっ黒な画面にコントロールバーだけが表示された無機質なページに変わりますが、これをページを切り替えずに聞かせるやり方です。

記事タイトルはH3からH2に格上げできる

サムネール画像

シリウスの記事タイトルはデフォルトでH3が割り当てられてますがタイトルは重要なのでできればH2に”格上げ”させたいですよね。
そのやり方をご紹介します。

グローバルメニューの下(上)に画像を挿入する

サムネール画像

シリウスのグローバルメニューの下(上)にもう1枚画像を表示させてトップページにインパクトを与えようというものですが、簡単そうに見えて意外な落とし穴があったりします。
そのやり方と注意点をきっちりご紹介しますよ。

お役立ちTips(その他)

画像の代わりにFont Awesomeでアイコン簡単表示

サムネール画像

通常は画像で作るアイコンを”フォント”で簡単に表現できるFont Awesomeをご紹介します。

標準の「いいね!」「ツイート」ボタンを目立たせ、他のSNSボタンも増やしちゃおう

サムネール画像

シリウスには標準で「いいね!」「ツイート」ボタンを簡単に設置できますがややおとなし目です。
そこでボタンをもっと目立たせ、はてブやPocketなど他のSNSボタンもこの際増やしちゃいましょ。

jQueryの導入

サムネール画像

シリウスサイトに見やすさ・使い勝手の良さを仕掛けるならスクリプトの実装が必要になります。
とりあえずjQueryをサイトに実装しておきましょう。ほとんどのスクリプトは簡単なコードで使えるようになります。

特定の人だけが見れるパスワード専用ページを作る方法

サムネール画像

シリウスで場合によってはパスワード記事や会員制ページを作りたいときもあるでしょう。
ここでは簡易認証方法でもあるBASIC認証を使ったパスワード保護ページの作り方をご紹介します。

レスポンシブデザインテンプレート

表示機器の横幅に応じて画像を自動で切り替える

サムネール画像

PCでは問題なく表示された画像もスマホで見ると小っちゃすぎてよくわからない、そんな時はスマホ用に別途用意した画像を自動表示させてあげましょう。

スマホ表示時、吹き出し画像をPC表示と同じく左(右)寄せにする方法【レスポンシブテンプレート限定】

サムネール画像

シリウスの吹き出しをスマホで見ると画像がテキストの上に来てしまい吹き出しがわかりにくいので、PC表示と同じく左(右)寄せにする方法をご紹介します。

iPhoneサイトでPC表示を可能にする切り替えボタンを実装する手順

サムネール画像

iPhoneサイトだと専用のレイアウトで表示されますが、サイトによってはPCと同じレイアウトで見せたいときもあるでしょう。
その選択をユーザーに任せるボタンの設置方法です。


てっぺん